技術
technology

精和の技術は日々の挑戦が支える。

温水器や燃料電池関連部品の製造に欠かせない技術が、耐食性や高温強度を考慮したステンレス薄板の溶接技術です。
これらの製品を実現するには、各種ステンレス素材の特性を十分に理解する必要があります。
お客様のニーズを的確に捉えて、ご満足頂ける製品を生産するために、常に技術革新に挑戦しています。

設計・解析

3次元CADを使った各種製品の設計、構造解析を行います。
解析や試作評価による検証結果などを、製品設計にフィードバックさせて、お客様に完成度の高い製品をご提案してお届けします。
材料の板厚や溶接継手の最適化検討なども実施しています。

メーカーとの共同開発

小型・中型温水器に関して、構造設計から完成品の組立まで行っていますが、独自の高度な特殊溶接技術と長年培ってきたステンレス加工技術をベースにして、産業環境機器にも進出。
この分野でも着々と実績を築いています。大学や企業の研究室向けの環境実験・検査装置では、基本設計から参画しています。
このほか医療用恒温槽など、活躍の分野はどんどん広がっています。


品質
quality

品質管理と品質保証

品質第一を基本に、材料選定、寸法精度、外観、溶接、組立、出荷・・・・・
全ての工程に細心の注意を払い、お客様のご要望にお応えします。

ステンレス材料の選定

温水器などの貯湯タンクには、耐食性に優れたステンレス合金が使用されますが、ステンレス合金には、数多くの種類があります。
お客様のニーズを的確に捉えて、使用条件に応じた適切な材料の選定や加工方法、耐久性、コストなどを考慮したご提案をさせていただきます。

耐圧実験・耐腐食性実験

タンク内部を高圧にして検査する耐圧実験や、溶接部の疲労寿命を推定するための繰り返し耐圧試験、さまざまなステンレス素材のタンク溶接部分の腐食を調べる耐腐食性実験など品質に関するあらゆる実験を経て、信頼性の高い製品をお届けします。


製造
manufacturing

お客様に安心して使って頂ける製品をお届けします。

溶接部の強度や耐食性に関する解析、試作評価による検証などを実施しています。これらを製品設計にフィードバックさせて、お客様にご満足頂ける製品をお届けします。
生産に使用する各種自動溶接機や治具などは、自社開発しています。
設計、解析、評価から製品の実現に向けて、社員一人一人が心を込めて製品をつくります。